予防接種の基礎知識

スポンサードリンク

予防接種の基礎知識

時期

 

インフルエンザの予防接種は子供も成人であっても行います。

 

インフルエンザはウィルス性の疾患であるので、場所や人により流行型の病気と言います。

 

ピークは日本国内では毎年、11月~翌年4月にかけて流行しますので、その地域の流行シーズンにあわせて予防接種する形になります。

 

ワクチンの予防効果が期待できるのが接種2週間あとからだと言われています。効果の期間は約5か月位です。

 

予防接種時期としてマスコミや地方自治体にて推奨しているのは12月中旬までの接種を推奨しています。

 

費用

 

インフルエンザワクチンは病気への治療とは違い、あくまで予防ですので、すべて自費となっています。

 

地方自治体によって予防接種費用の助成があるところも有り得ますから、自分の自治体がどうなっているのか確認してみましょう。また医療機関に応じても差が出ます。

 

インフルエンザワクチンの相場は3,000円ほどで、低価格ならば1,000円台から、高い所では6,500円くらいと結構違いが出ます。

 

医療機関の中では、病院の方が診療所やクリニックに対し安く予防接種を受けられるところが多いと思います。

 

インフルエンザの症状TOP

スポンサードリンク