インフルエンザの薬が無意味

スポンサードリンク

インフルエンザの薬が効かない!?

従来はインフルエンザを発症をしてしまうと医療機関では解熱剤や抗生物質を処方され、とくかく自宅で苦しみつつ休養をとることしかありませんでした。

 

今でも自宅で安静にして休むというものは変わりませんが、インフルエンザの治療薬の登場によって、インフルエンザの治療はより進歩を遂げました。

 

知られている薬はリレンザとタミフルです。この2通りの抗インフルエンザウイルス薬がインフルエンザと診断されると、処方されることが大半です。

 

「タミフル」はカプセル状で「リレンザ」は吸引器を用いて薬を吸引するタイプとなっています。

 

これらの薬は、カラダ中のインフルエンザウイルスを増やさない効き目が見込めます。

 

インフルエンザがツライ症状を引き起こすのは、カラダ中に入ったウイルスが爆発的に増加する為だと考えられています。

 

それを抑えてくれる薬ということで、症状の軽減化や重症化の防止に効果的であるとされています。

 

いずれも効果は高いと言われていますが、発病後48時間未満投与が望ましいとされています。

 

どうして48時間以内かと言いますと、インフルエンザは発症して48時間程で最大量となるとされているからです。

 

最大量が過ぎた後に薬を服用をしても、ウイルスを増やさないようにする薬ですのであまり意味がないからです。

 

インフルエンザの症状TOP

スポンサードリンク