インフルエンザと風邪の違いとは

スポンサードリンク

インフルエンザと風邪の違いとは

症状が近いものがあるため中々区別がつきにくいインフルエンザと風邪。

 

それぞれの違いを詳しく見ていきましょう。風邪ウイルスの大半は鼻水や唾液からの接触感染で発生します。

 

インフルエンザウイルスはくしゃみなどの飛沫感染、あるいはそのくしゃみなどで空気中に残ったウイルスの空気感染で起こります。

 

感染力も異なります。そのため、インフルエンザは時に大流行をするわけです。症状にもかなり差があります。

 

風邪は呼吸器系の炎症症状のことです。ですから症状はくしゃみや喉の痛み、咳などが普通です。

 

悪寒や節々の痛みといった全身症状はさほどみられず、熱が出ても高熱になる事はあまりなく、一般的には重症化することはありません。

 

インフルエンザの場合では、38°C以上の高熱を中心にカラダ中の倦怠感や悪寒、関節や筋肉の痛みなど、つらい症状になるのが特徴です。

 

同じ様に咳やくしゃみもありますが、基本的な症状は発熱などや悪寒といった全身症状です。

 

また、風邪の場合は重症になる可能性はかなり低いですが、インフルエンザの場合では重症になればともに合併症を起こし、

 

インフルエンザ脳炎や肺炎などで特にお年寄りの方や乳幼児は死亡に至る可能性があるので注意して下さい。

 

インフルエンザの症状TOP

スポンサードリンク