インフルエンザの初期症状

スポンサードリンク

インフルエンザの初期症状

初期症状として一般に言われるのが、カラダの倦怠感からはじまり、悪寒・関節や筋肉の痛みなどがあります。

 

それらの症状が発症した頃にはすでに発熱もし始めている頃なので、カラダはとてもツライ状態になっていると考えられます。

 

インフルエンザは、いきなり高熱になるのが特徴です。38°C以上と非常にあがるため、カラダはふらつき立ち上がるのもままならない状態になることもあるでしょう。

 

潜伏期間が1~2日ですが、この潜伏期間にも発症してしまうケースがあると言われています。そのため症状はあるのものの、インフルエンザとして診断できないケースがあります。

 

医師もそのことはよく知っているため、わりと初期の内に来た患者にはそれを伝え、たとえ検査でインフルエンザの反応が無かった患者においても症状が似ているケースでは、インフルエンザの可能性は捨てきれないという事を伝えます。

 

そんな時、完全にインフルエンザと判断する為、ふたたび医療機関に足を運んで診療をしてもらわなくてはならない場合があります。

 

インフルエンザと認められなかったときは、インフルエンザ治療薬を処方できないからです。

 

症状がツライ場合にはたびたび病院に行くのはしんどいですが、症状を長引かせないためにはちゃんと診察をしてもらい対処してもらうのが良いでしょう。

 

初期症状は風邪と似ているので、風邪と区別がつかず自分の判断で風邪と思い込む人も多くいます。

 

この為、一般の風邪薬を飲んで乗り切ろうとする人もおりますが、風邪とインフルエンザは別のものですのであまり効果はないでしょう。

 

インフルエンザの症状TOP

スポンサードリンク