インフルエンザ 症状

スポンサードリンク

インフルエンザ 症状

インフルエンザの症状・予防

インフルエンザに感染し発症するとまず悪寒やカラダの倦怠感、食欲不振などの症状がでます。

 

さらに、38°Cをこえる発熱が有り、カラダの節々に痛みが出るといった症状がでます。

 

喉の痛みも生じ、悪い場合には咳や下痢、嘔吐といった症状が現れることもあるでしょう。

 

発症すると高熱等の症状が3日から5日程度続くことになり、成人男性でも寝込んで何もできないほどツライ状態になります。

 

そのような状況ならしっかりと医療機関を受診して、仕事などは休みを取り、療養をして下さい。

 

無茶をすると長引いてしまう要因にもなりますし、外出すると他の方に感染させてしまうこともあるかもしれません。

 

この様にインフルエンザは発症するとかなり重い症状になる為、子供や高齢者、免疫力・体力が弱い人は十分注意してください。

 

肺炎や脳炎といった合併症を併発する可能性があるので、そのためにも常日頃からの予防、そして感染した場合には早急な対応が大切となります。

 

インフルエンザを発症をすると発熱、下痢などで脱水症状の原因となることが多いため、しっかり水分補給を小まめに実施してください。

 

熱が高いからといって解熱剤などを使用する方もいますが、解熱剤を用いることでインフルエンザ脳症を重症化させる可能性が考えられるといった研究結果が報告されております。

 

自己判断で薬を飲むのは症状悪化のリスクがあるため、医師の判断に従って薬は服用をしてください。熱がひいてくると他の症状もだんだんと軽減されていきます。

 

関節や筋肉の痛みも軽くなり、悪寒や倦怠感の症状も緩和されてくれば、カラダもかなり楽になり活動し出すことができるでしょう。

 

しかしまだウイルスを保菌している場合があるため、少し楽になったからと言って無理は禁物です。仕事への復帰などにおいては医師と話をして選ぶと良いでしょう。

 

熱や関節の痛みがひいても、喉の痛みや咳がしばし続く場合もあります。これは喉に炎症が生じてるためで、事によってはインフルエンザが原因となって気管支系の病気を引き起こすこともあります。

 

あまりにも咳や喉の痛さが続いている場合、インフルエンザの後であるからと我慢せず、ふたたび病院を受診したほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

更新履歴